存在証明

とは名ばかりの趣味のさくぶん。

あとの祭り 最終回

電車の外側に広がる人を拒むようなビル群

電車の内側で笑うひとときの休日の象徴

いつもの通勤より少しだけ遅く感じる東横線から、俺はこの文章を綴る

 

思い返すと、あとまつと出会ったのは14年の8月 俺は名ばかりの浪人生だった

その場は時の流れがいつもの1.8倍の感覚で、俺達を虜にした

とは建前で、一部の男は紅く輝くそれに惹かれたのもまた事実であろう

 

そして12月のX'mas後、俺もステージに立つことになった

そこからは何度も出演を重ねた

 

想い出という想い出はあまりない

しかし、ただ楽しいという感覚が確かにそこには存在した

 

なぜか周りではあとまつ経由で彼女ができた奴が多数いる

なぜか俺にはあとまつ経由で彼女ができない

 

そんなこともありながら、あとまつ最終回と言われた約1年前

主催が仕事で忙しくなったようで、区切りをつけようとしたらしたい

 

俺はその時相模湖にいた

大学のやつとBBQしてめちゃくちゃ酔って寝てた

 

そして今日、俺はまたKINGSXに向かっている

あとまつ本当の本当に最終回

KINGSXも無くなる

 

俺はどう楽しむかこの文章を綴りながら考えていた

1バンド目にやる曲は2曲俺が歌うという謎仕様

知り合いからはあいつ歌うんか的な嘲笑いしか生まれないだろう

トリも別に俺がかっこいい曲はやらない

だから俺は酒を飲む

 

俺も多分今日と明日のライブで区切りだろう 

赤いストラトと俺

長い間ありがとう

 

また別の形で俺は音楽を続けたい

音楽は次々死んでいく

俺にとって耳に響く音楽は届かない

俺にとって脳に響く音楽は頭が弱くなさすぎる

俺にとって心に響く音楽は刺激が強すぎる

 

物理的に耳が聴こえないので骨に響きそうなEDMをひたすら聴いたら幸せになったというお話でした

あまりにもやることがなくて更新またしちゃったレベル

明日からこの状態のままインターンにいくのつらすぎる

聴覚と第六感

昨日の深夜から急性中耳炎になった 左耳がほぼ聞こえない

聴覚よりも大切なものに気付いた

 

酒は完全に禁じられた 少なくとも1ヶ月間

煙草は身体に合ってないらしい 喉が1ヶ月に1回は痛くなって緑色の痰が出るわけだ

イヤフォンやヘッドフォンを控えろと言われた 俺の世界がそこから消えた

ロック系のバンド活動も暫く控えろと言われた 俺の像がそこから消えた

歌は歌えないこともないだろうけど耳によくないし響くと言われた こうして俺は存在の証明手段を失った

 

 

バイトは憂鬱 もうアイツのどこが好きだったのか分からなくなった

インターンは自分の無力さを思い知るばかり 良く泣いて帰ってくる

もう一つインターンを始めた 企画職だ これまた大変で辛い

短期インターンが8月後半にある

他にも2つ、8月半ばと9月半ばの短期インターンを受けている

そして来週、ついに初展覧会出展だがそれの課題が本日24時まで

 

 

 

こうして少しずつ俺という存在がとある地点からずれ始め、その齟齬が段々と大きくなっている感覚がアイツからフラれた時から生まれ始めている

よく「お前ブレブレだな」とかそういう単語を身内の奴らで使い合うが、今の俺は"ブレている"とかそういう段階じゃなく完全に"ズレている"

このまんま全て放り投げて、セブ島にでも行こうかとか考えたのがさっき

 

ここで泣きながら踏ん張った所で待ってるのが明るい未来ってわけでもないしね

 

アイツの事は完全に諦められたけど、アイツのせいで俺の中で俺という存在の価値を失い始めている そして世界と環境と気まぐれが俺にそうさせている

 

 

 

 

 

 

少し現実的な話に戻そう

 

ついにバイトは10月半ばから辞めることになった(籍は暫く残るっぽい)

10月半ばから変わって土曜日にセミナーへ通う運びになった

 

インターンは9月半ばの契約を持って辞める決意をした

8月後半に行われる長期インターンで何か成果を残し、新卒採用を受けて内定者インターンとして部署が移動となれば話は別だが現状このまんま今の環境に居るということは俺のモチベーション的にも俺のコミット量的にもチームにも良くないと感じた

 

音楽は中耳炎が治ったら真剣にやりたい オリジナルを

この間Cityをギタボしてた際、歌いながらギターを弾く俺という構図があまりにもエモく、同時にオタク風にいうと"根源に至る"感覚を得た

バイクでxxxkm/h出したときと同じ感覚であった これを合法的にできるのは素晴らしい

今の自分の時間的にも、技術的にも、環境的にも本腰入れてやる形ではなく所謂週末バンド的な感じでどうにか方法を模索していく

リードギターとベースとドラム募集中です みんなで曲出し合ってやりませんか

 

お酒は完全に辞めます 元々お酒自体は全く好きではなく、本当に自分が逃げたい時以外は積極的に飲んではいなかった ただ飲み会は大好きなので、そういう場には誘われればいく コーラで

 

煙草も完全に辞めます 流石に蓄膿症になりたくない

 

 

 

そんな感じかな

彼女はできそうにないし、アイツは彼氏と2泊3日の旅行だし、俺はもう何も考えずに就職活動を始める

重ねて、引き続き彼女募集中です

嘘です。好きにならせてくれる女の子募集中です

色々あったけど約3ヶ月が経った

― …俺は前に進んでいるのだろうか

 

先月半ばからインターンが始まった。

平日は毎日多忙な日々を過ごしている。

金土は無事に自分を守るお仕事。パスタ美味しい。

日曜日割と暇すぎる。ツーリングとかスタジオ行こう。

とそんな生活も早2週間。いつのまにか誕生日も過ぎ22歳になった。

 

誕生日は無事に22時半上がりと言う社畜っぷりを発揮。

プロダクト事業のイベントにライタースタッフで参加してた。

けど社内で一番尊敬している方と仲良くなってとても楽しい日々を送っている。

ハードルだけ無駄に上げてくるのが玉にキズ。期待だか煽りだかわからん。

 

書きたいことが山程あってなかなか難しい部分も多々ある。

けれどもちゃんと前に進んでいる気がして、心境的にも変化。

 

俺のいま考えていることはただ一つ。

"自分の価値を上げる"そして"自分の価値を証明する"

 

改めて思い返すと、俺はあんまり必要とされてこなかったなと。

 

 

短期的な目標としては色々な場所、事、物、人などに首を突っ込む。

とにかく色々な怪我をしてみようと思う。せっかくの機会だ。

ありがたいことに、俺が背負うには重すぎる所属の名刺を作った。

 

インサイドセールス、中国デザインリサーチ、エディタープロ、etc..

けど自分の可能性は自分自身でもメンバーからも狭まれてない。

何にでもなれるんじゃないか。一先ずデザインを伸ばしつつマーケを。

折角なのでイベントやらに顔出して、上手くプロダクトと俺を売る。

 

中期的な目標としてはやはり就職かなと思う。

正直何もズレてない。色々言ってきたけど、心の底には広告代理店。

俺は大小関わらず広告代理店に入ることを一つのゴールとして設定してきた。

UI/UXもデザインの本質だから手段として使うために勉強してる。

"メディアデザイン"で本当に良かった。"メディア"の意味から理解しよう。

"手段"と言う意味でも"メディア"がもっと理解できたら、上へいけるのでは。

4年生からは本格的に代理店でインターンしたいと思う。

 

 

長期的な目標はまだ秘密。興味ないだろうけどね。

1つ言えるのは、思ったより俺は普通の幸せも同時に願っていること。

結婚して子ども産んで子どもとワイワイする生活も良いなって。

 

 

 

今回の契約期間は3ヶ月。結果残さなきゃ直ぐクビだろう。

 

メディアで見てた人たちと出会って刺激的過ぎる毎日を送ってる。

それでも俺がライターとして入ったのは下心。

この会社の中に一先ず入ってみたかった。俺が新卒で入るのに値するか。

上から目線だけどそういうことだ。

8月後半に一度面談があるらしく、そこで契約についてはもう一度決める。

個人的にはデザインや広告業務に移りたい気もする。

一先ずサマーインターンで沢山ポートフォリオ用作品を作る。

 

という事で今後の俺に乞うご期待。どうなることやら。

一先ず暫く意識高い状態が続くと思う。このブログでの俺が俺。

やっぱり俺の思うがままに文章を書くのは楽しい。

 

 

 

けれども全ては…

 

あいつとあいつの彼氏が楽しそうな顔をしているツーショットを見たこと。

1ヶ月と呟いてガキっぽいなと嘲笑ったのも全て強がりなこと。

しょーもないフリーターバンドマンベーシストのお前の彼氏。

しょーもない専門で何も考えずに遊んでるだけのお前。

 

ただひたすらに全てを忘れるために最高の環境に飛び込んだ俺。

 

全部逃げなのはわかってる。

それでも俺は、"お前を見返すためだけ"に頑張るよ。

しょーもない恋愛下手クソ大学生の俺は、そんな強がりしかできない。

後悔しても知らないからな。俺は絶対お前を見返す。

泣いたって知らないからな。お前のことなんて忘れてやる。

 

一先ず息抜きに音楽したい。

 

Mのページ

その子の名前の頭文字はMだった。

その子はとても音楽が好きだった。

 

俺は何も考えずにプリプリのMを熱唱して、

今日も涙を流しながら明日に備える。

 

いつになったら傷は癒えるのだろうか。

特効薬なんて無いんだろ知ってるよ。

"好き"の反対は"無関心"

決して"嫌い"ではなく、"嫌い"に置かれている段階ではまだ"好き"と言う感情が紙一重で存在しているものなんだと22歳直前にしてようやく気付く。

 

現状は間違いなく"好き"という感情を誤魔化す為に"嫌い"になろうとしている段階。

まだまだ"好き"と言う感情を抱いていた時が抜け切っていない。

 

目も合わせない

顔も合わせない

会話はしない

最低限の挨拶しかしない

その挨拶も以前のように堅い敬語

今まで厚意で行っていた仕事やその延長線上も全く行わない

 

その結果、彼女の方から突き放す形にもなりつつあり、挨拶すらもしなくなってきた。

むしろそれのほうがありがたいと感じつつあり、仕事自体には何の支障もないのでこのまんま"嫌い"と言う感情を抱いていると誤魔化し続けていずれは"無関心"に至れば良いのではないかと考えつつある。

 

本当にこの数ヶ月は楽しかったし、悩んだし、色々経験させて貰った。

その点ではとても感謝してるし、最終的に辛い形で終わりこのまんま縁が切れるのだろうけどもそれが自分の中では正解に近いと思う。

 

 

無事に憧れのデザイン会社でのインターンが決まり、これからは週3回の渋谷勤務と週2回の大学の2重生活が始まる。

アルバイトもオーナーとの相談の結果、週末のみ続ける形で落ち着いた。

以前のようにほぼ固定シフトの形ではなく、ラフな固定シフト。

曜日は決まってるものの自身の都合で休みは自由に取っていいとのこと。

金土の夜は基本アルバイトに繰り出すことになり、彼女も金土は基本出勤なので顔を合わせることになっているが週末はどのみち忙しくて余裕が無いので返って正解かもしれない。

 

こうして俺は少しずつ前に向けているんだろうか。

人生で一番好きであった先輩も未だに"無関心"とは言えない俺のメンタルでは、いっそこのまんま全て断ち切りたい。

 

実のところ連絡手段は完全に断ち切っているのだがね。

終わり

今日で全部区切りがついた

 

そいつに縛られて、縛られて、縛り尽くさされて宙ぶらりんになっていたけど

これからは俺のやりたいように行動する

餓鬼らしい考えだけど、仕方ない

 

先ずは顔も見ない喋らない同じ空間に居ない

挨拶しかしてない

 

相手が求めてるのは前まで(俺がそいつに露骨に好意をアピールするようになる前)のような関係

 

そんな園児のような単細胞的案を実行することで、俺の園児のようなメンタルは満たされなんだか今日1日で凄い嫌いになってきた

頭の中であいつの顔を思い出すだけでいや冷静に考えなくても本当に可愛くないし

頭の中であいつの香水の匂いを思い出すとマジでくさい 帰り際にロッカールームで香水つけ直すのやめろマジでこもって臭い

多分世間の男どもにとって、丁度いい繋ぎレベルの感じなんだよね。馬鹿だし軽いし

俺もそれに惑わされて本気になってしまっただけなんだろう

本人もそれで調子に乗ってモテる私凄いみたいになってるんだろう

いやけどマジで的を得てると思う 本当に丁度いい繋ぎレベルって感じ

糞ビッチが

って言い聞かせてます 調子のんじゃねーぞブス

 

メンヘラの俺はこうやって文字にしてネットの広大な海に流すことしかできないので、詳しいことや今後の話はまた今度まとめます

今はもう頭の中は割とスッキリしてて、このまんま今の行動を続けて行ってお互い嫌いになってバイト先も辞める形が一番かな、と

 

そんな感じの22歳目前 我ながら中学生のブログかと思うような文章

今のインターンが受かったら近々ライターとしての職務も待っているので、また別でブログを開設しようかな、なんて

文字を書くのは楽しいですねメンヘラ並の感想ですけど