存在証明

とは名ばかりの趣味のさくぶん。

嘲笑

いつも飲むコーヒーにミルクを足すような感覚で

いつも見る光景を少し引いてみて見ると新しい世界が待ってる

 

皮肉混じりに語る俺は

多分、恐らく、世間からは嘲笑される存在だろう

 

今思うと、特に苦労したことはない

人並み以上に運動はできたし

人並みに勉強もできたし

人並みなビジュアルをしている

 

唯一苦労したのは人間関係だろう

俺のこの性格柄、どうしても皮肉と煽りが大半の口調になる

気をつければ気をつけるほど、癖が出る

 

今更治らないと思うが

努力しないと不味いな

 

そんなことを感じる京急線 good night

止まらない気持ち

人間、時には過ちを犯す

その過ちすらも肯定できるのが人間であり

また、他人の過ちすらも肯定できるようになることが大人ってことなんだろう

もちろんその過ちの度合いにもよると思うが

 

そういえば過去数年、まともな恋愛をしていない

小咄的にtwitterには呟いたが

昨年の今の時期のアイツにはとても感謝している

アイツとは距離を置くようになり

アイツの彼氏がとんでもないクソ男であることも確認したが

今はなんとも思わない 強がりではない

多分俺は前を向いて階段を登っていて

アイツも前を向いているが、踊り場で足踏みしてるんだろう

 

多分、大人ってそういうことなんだ

1つ1つを精算して生きていく

その精算にいくら時間がかかろうと

結果として良い方向に結びつけばその時間も無駄ではない

 

幼なじみに煽られた

「お前タイプ変わったのか?」(意訳)

の一言で、目が覚めた感が否めない

 

ただ、毎回思うのだが

どーでも良かったり多人数だったりすると秒で酔うんだが

いざ可愛くてちょっと気になる子と飲むとマジで酔わない

この俺が酔わない

相当だよな

 

本質

本日、無事1社から内々定を貰った

詳しく書くと会社名も部署名も特定されてしまうので、伏せる

クリエイティブ職だという事だけ書いておこう

 

話を聞く限り、総合職の倍率は100倍をゆうに超えてるらしい

私は総合職ではないので関係ないことだが

スーツで緊張の面持ちをとる

私服で"愛"を語る

俺は後者だった

 

 

 

中学時代、どうしようも無かった俺

親父に自身が勤めてる会社の自慢をされ

いつまでも財閥の名を出して

それに縋り

また名を出し

いやお前子会社やろうがって頭の中で反発してた記憶

 

あれから10年近くたった

あの頃ネットにドハマリしてたお前は

ある程度立派に社会と向き合ってるぞ

お前の親父の会社より三倍近い売上上げてる会社に内定貰えるぞって

反骨精神で生きてきて正解だぞって言いたい

 

これから多分、二浪して早慶のどっかに行った弟と比べられることもあるだろう

あいつも業種が似てるし、もしかしたら同業種に来る可能性もある

 

色々あると思うが、一旦ゴール

 

後は二社、内定貰った会社より志望度が高い会社の選考が進行中

一社は今週グループ面接だ

もう一社も5月から選考が始まる

23を迎えるくらいまで気が抜けない日々が続くが

どうにか社会に出れそうです

 

4月2日

絶対に忘れないこの日

みなとみらいの赤レンガで泣いてた去年のあの日

死んでも振り返らないと決めたけど、

今日くらいは想いを綴らせてくれ

そんくらい許してくれるだろう

 

あれから、俺は何も信じれない日々が続いていた

金髪にしたり、ピアスを1つ増やしたり…

そんな行為も1年前のものだったのかと少し懐かしくなる

戸塚からの帰り道、泣きながらSNSを全てブロックして

入ってた写真も全て消した

マイヘアの真赤を聴きながら

アイツの犬になってた俺を蔑んでラッキーストライクライトを吸っていた

 

この1年間で変わった事はめちゃくちゃ多い

 

一番大きいのは、酒を良く飲むようになったことだろう

御存知の通り、俺はめちゃくちゃ酒が弱い

けどアイツやバイト先のメンバーがお酒大好き人間ばかりだったので

必然的に飲みに行く機会は増えた

 

煙草の本数も1年前に比べるとかなり増えた

3日で1箱開けるか開けないかだったのに、

この1年は1日1箱とかそんなレベルだった気がする

お金がないのも納得だ

 

音楽の趣味も変わってしまった

正直に言うと、邦ロック"だけ"を聴いてる人間は死ぬほど馬鹿にしてたし

オールドでルーツに挙げがちな音楽を聴かない奴らは死んだほうが良いと思ってた

けれどもこの1年間で一番聴いたバンドはドロスだろう

隠れた名曲、Travelはぜひ聴くべきだと思う

 

これは元々決めては居たことだが、インターンなどを経たことも大きい

就活も本格化してきて、いよいよ来月から面接が始まる

広告業界はやや遅めなのか

IT→広告と志望を変えた俺には、超長期戦となってしまった就活

ファーストキャリアというのは今後死ぬまで響くものである

"大学を卒業して1社目"というのは甘く考えてはいけない

就活生の俺が語るには早すぎるが、先輩はみんな口揃えて言っていた

頑張ろう 将来の俺の為にも

ちなみに将来は鎌倉の海岸沿いに住みたい

 

 

 

せっかくなので、新年度である2018年度の抱負も挙げておこう

 

先ずは"就職先を決める"

現在は広告制作会社を中心に、代理店やネット代理店、その他クリエイティブ部が存在するメーカーを見ている

恐らくITは受けない(ちなみに既にIT2社落ちている)

どこにしても、勤務地が都心なので一人暮らしになることはほぼ確実だろう

あと1年、よろしくな横浜

ちなみに先日引越し先が決まり、現在引っ越し準備中

 

そしてもう一つは"習慣化"or"習慣化していたものをやめる"

例えばだが、今考えてるのは

「映画や小説に触れる回数を週でノルマ化」

「ジム通い」(1年半で3kg太った 死にたい)

SNSやめる」

「禁煙・減酒」

 

特に3つ目は確実に行うだろう

インスタやtwitterは徐々に見る回数を少なくしていて

インスタは近日中に削除予定

FBだけはビジネス用途で未だに活用しているので、本当にITと関係を切ったら消すかもしれない

 

禁煙は抱負に毎回挙げてるが

とりあえずアイコスぶっ壊れたのでプルームテックにする

徐々に飲み会の席だけでしか吸わない方向に持っていって

最終的には飲み会も受動的にして回数少なくする

…頑張ろう

 

 

 

そんな感じで、1年前の俺とさよならバイバイ

新たな旅立ちに、乾杯

映画

久々に映画館で映画を見た

実にFate劇場版以来である

俺にとってはかなり期間が空いた

 

最近は就職や進学となってしまう…

いや、喜ばしいことなのだが

そういった新しい道へ進む人たちを見て常々考えることがある

 

趣味がどうだとかそういう話だ

 

俺は多趣味な方であるとは思う

一方で、他人に胸を張ってめちゃくちゃ好きだと言える事は少ない

恐らく音楽だけであろう

それも演奏ではなく鑑賞の方

 

今後、多分だが就職して東京で暮らすことになるだろう

大して飲み会が好きなわけではなく

彼女が居るわけでもなく

どっかフラフラすることが好きなわけでもない

 

だからこそ、音楽やバイクと言うのは俺の中で俺を構成する一部分

間違いなくそうである

というよりもそうでなければ困る

 

ただ、バイクはもう俺の趣味ではなくだろう

売ることは確定しているし、乗るのが怖いのも確かだ

 

では音楽は?

恐らくだが、機材を全部売って完全に辞めるみたいなことはないかもしれない

だが周囲が忙しい中で、俺一人でDTMという姿は見えない

 

 

 

映画館で隣のJKがヒュージャックマンとザックについて語っていた

ああ、俺もこういう人種なんだな、と改めて感じた

要はオタク気質の人間

「知識量」だとか「物量」だとか

そんなしょーもないことで語るのではなく

「とにかく好き」という愛を語る人間

 

何が書きたいのかはてなになって来たが

要は、最近の俺は知識量で語る傾向が多いのだ

 

ただ根底に戻ってみれば

涼宮ハルヒの憂鬱への愛を語っていたり

FPSへの愛を語っていたり

K-POPへの愛を語っていたり

はたまたOASISへの愛を語っていたり

そういう人間だったはずだ

 

 

 

隣のJK、ありがとう

俺はこれでまた少し、昔の自分に戻れた気がする

これからは知識量ではなく

もっと愛を語ろうと思う

 

と、就活にも活きそうな意識高いことを考えてた今日のこと。

 

ちなみにブログの記事を全て削除したのは、2017年の俺への戒め

一応非公開で残ってはいるので、気分で戻そうと思う