存在証明

とは名ばかりの趣味のさくぶん。

俺流三大公約

1.煙草は吸いません

2.お酒は乾杯の1杯しか呑みません

3.ちゃんとした恋愛をします

 

よっしゃ頑張ろう

カオス

凄く悩んでいる

ただただ悩んでいる

 

現状の選択肢…

1.このままUIデザイナー or UXデザイナーになる

2.デザイン文脈のディレクター職になる

3.総合職採用の波に飲まれる

4.大学院行ってSIer or コンサル

5.広告系でコピーライターやる

 

どう考えても現状の俺だと1か2が選択肢としては有力

もしくはこの1と2両方のポジションを担当できる会社とか

Y社、D社、そしてインターン先…どこも素晴らしい会社でやりたいことができる

 

一方でこのままデザイナーになるのに違和感もあった

俺自身まともな美大生をやっていないし、

ビジュアル表現には何の面白さも感じてない

 

後はメーカー・事業会社(インハウス)に行くか制作会社(受託)に行くのかっても

個人的には美大に入ったからにはメーカーに挑戦するべきだと思うし

事業会社に行くのがお金とか地位とかそういうの考え出すと強い

けど俺には1つのサービスにそこまで力を注げるかには疑問が残る

受託に行くのが現状では理想

 

そして最近悩んでいる3と4の選択肢

4の話を先にしておくと、大学院行くとしたらJAISTだろう

入学めちゃくちゃ簡単だし、学費も安いし

入ってから努力次第なのは重々承知だけども

 

そもそもこの話が出たのは、俺はデザインという軸を持ちつつも

総合職で働くキャリアのほうが想像しやすかった

例えば企画営業職とか どちらかと言うと企画系で外に出る人のイメージ

コンサルとかも結局は問題解決大好きなので、

あとはUXデザインって軸を今から持って、新卒でコンサルって面白くね?

 

 

 

そして長い長い前置きを挟んで、本題

ライターのインターンし始めて、改めて言葉・文章の面白さを感じた

ディレクションし始めて、言葉でまとめる難しさを感じた

キャリアを考え始めて、言語化の難しさを実感した

結局コミュニケーションデザインとか色々言われてるけど、一番ハードルの低さと正確さのバランスが取れてるコミュニケーションって言葉なんだよね

 

コピーライターだったら、マーケティングにもサービスデザインにもPMにも俺がやってきたこと全てに関係している

後やっぱり純粋にコピーが好き

にわかラインナップだけどJR東海はいつ見ても感動するし

JTのCMも大好きだ おもしろ系はあんまり好きじゃないけども

糸井さんみたいにジブリのコピーとか書いてみたい

 

日に日に言語化の難しさ、そして楽しさを実感し始めたので

10月の後半から某有名講座に通いはじめることにした

月水金はライター

火木は大学でサービスデザインとディレクションと映像

土はコピーライティング

最近体調崩しがちだから身体には気をつけて頑張ろう

 

そりゃ欲を言えば電博に行きたい

けど制作会社でも良いと思うし、

小さい会社だったらコピーライティングとUXの軸を持ちながら営業とかもできて楽しそう

妄想が広がる毎日だ

 

挫折を何回も繰り返してるし、結局上で上げた職につけずに大学出てまで入るようなところじゃない職につくかもしれない

そんな怖さはあるけど、今色々試してみて、それなりに努力してみて駄目だったら自分の中で諦めがつくかなって

就活既に始めてるのも、結局やればよかったって後悔したくないだけであって

 

他人を批判する気はサラサラ無いけど、

この間慶應卒新卒電通の方と飲む機会があって話した時に

結局有名大学でも超大手にいける層は学生時代からめっちゃ色々やってる

それこそその人は某大手ソシャゲ会社で営業インターンしてたみたいだし

日大から電通コピーライターになった先輩の知り合い(他人)は、どうやら俺が通う講座に全身全霊注いでたみたい

専修から超大手建設会社に内定貰ったやつはサークルとかもやらずに1年から簿記ばっかりやってた

 

結局何もやらなかったら当然のように何にもなれないし

なんかやったところでなれない可能性もあるし

 

 

俺はキャパオーバーしない程度に興味あること全部首突っ込んで

自分の道を探そう…

 

 

カオス

凄く悩んでいる

ただただ悩んでいる

 

現状の選択肢…

1.このままUIデザイナー or UXデザイナーになる

2.デザイン文脈のディレクター職になる

3.総合職採用の波に飲まれる

4.大学院行ってSIer or コンサル

5.広告系でコピーライターやる

 

どう考えても現状の俺だと1か2が選択肢としては有力

もしくはこの1と2両方のポジションを担当できる会社とか

Y社、D社、そしてインターン先…どこも素晴らしい会社でやりたいことができる

 

一方でこのままデザイナーになるのに違和感もあった

俺自身まともな美大生をやっていないし、

ビジュアル表現には何の面白さも感じてない

 

後はメーカー・事業会社(インハウス)に行くか制作会社(受託)に行くのかっても

個人的には美大に入ったからにはメーカーに挑戦するべきだと思うし

事業会社に行くのがお金とか地位とかそういうの考え出すと強い

けど俺には1つのサービスにそこまで力を注げるかには疑問が残る

受託に行くのが現状では理想

 

そして最近悩んでいる3と4の選択肢

4の話を先にしておくと、大学院行くとしたらJAISTだろう

入学めちゃくちゃ簡単だし、学費も安いし

入ってから努力次第なのは重々承知だけども

 

そもそもこの話が出たのは、俺はデザインという軸を持ちつつも

総合職で働くキャリアのほうが想像しやすかった

例えば企画営業職とか どちらかと言うと企画系で外に出る人のイメージ

コンサルとかも結局は問題解決大好きなので、

あとはUXデザインって軸を今から持って、新卒でコンサルって面白くね?

 

 

 

そして長い長い前置きを挟んで、本題

ライターのインターンし始めて、改めて言葉・文章の面白さを感じた

ディレクションし始めて、言葉でまとめる難しさを感じた

キャリアを考え始めて、言語化の難しさを実感した

結局コミュニケーションデザインとか色々言われてるけど、一番ハードルの低さと正確さのバランスが取れてるコミュニケーションって言葉なんだよね

 

コピーライターだったら、マーケティングにもサービスデザインにもPMにも俺がやってきたこと全てに関係している

後やっぱり純粋にコピーが好き

にわかラインナップだけどJR東海はいつ見ても感動するし

JTのCMも大好きだ おもしろ系はあんまり好きじゃないけども

糸井さんみたいにジブリのコピーとか書いてみたい

 

日に日に言語化の難しさ、そして楽しさを実感し始めたので

10月の後半から某有名講座に通いはじめることにした

月水金はライター

火木は大学でサービスデザインとディレクションと映像

土はコピーライティング

最近体調崩しがちだから身体には気をつけて頑張ろう

 

そりゃ欲を言えば電博に行きたい

けど制作会社でも良いと思うし、

小さい会社だったらコピーライティングとUXの軸を持ちながら営業とかもできて楽しそう

妄想が広がる毎日だ

 

挫折を何回も繰り返してるし、結局上で上げた職につけずに大学出てまで入るようなところじゃない職につくかもしれない

そんな怖さはあるけど、今色々試してみて、それなりに努力してみて駄目だったら自分の中で諦めがつくかなって

就活既に始めてるのも、結局やればよかったって後悔したくないだけであって

 

他人を批判する気はサラサラ無いけど、

この間慶應卒新卒電通の方と飲む機会があって話した時に

結局有名大学でも超大手にいける層は学生時代からめっちゃ色々やってる

それこそその人は某大手ソシャゲ会社で営業インターンしてたみたいだし

日大から電通コピーライターになった先輩の知り合い(他人)は、どうやら俺が通う講座に全身全霊注いでたみたい

専修から超大手建設会社に内定貰ったやつはサークルとかもやらずに1年から簿記ばっかりやってた

 

結局何もやらなかったら当然のように何にもなれないし

なんかやったところでなれない可能性もあるし

 

 

俺はキャパオーバーしない程度に興味あること全部首突っ込んで

自分の道を探そう…

 

 

 

 

 

 

普通の幸せってなんだろうね

自分で定義した普通の幸せは、

今普通の幸せを抱いて居ない場所にも

過去には確かに存在したはずだよ

とか言っちゃったりなんかして

そうだよ、全部嘘

 

 

本当に嘘なんだ

 

信じてくれよ

遅れていった俺

待ってくれていたお前

あれはいつだったか、みなとみらいの話

 

あれから何ヶ月経ったのか

幻のように消え去っていった日々を俺は取り戻せるはずもなく

お前は取り戻そうともせず

もしもあの時何も告げずにいたら

或いはもしもあの時何も聞かずにいたら

 

 

 

見慣れないお前の顔を久々に見た

ああ、こんな顔してたんだなって

そういえば、俺はこいつが好きだったんだなって

消え去っていった日々を思い出そうともせずに

お前との会話はせずに、あの場所との別れを告げた

 

そのはずだったのに

お前の横にいたはずだった男がお前から去ったらしい

ビールを啜りながらカウンターで泣きそうになってるお前に

あの頃の俺ならなんて声をかけただろうか

今の俺はお前に声をかける資格なんて無いし

今のお前は俺を求めるとも思えない

 

俺が決めた、俺が定めた、

お前の横にいるべきだったのは俺で

それは消え去っていった日々を取り戻さなくとも

隣にいるのは俺だって

それが運命だったんだって

そう伝えたい

 

多分、ずっと、俺はあいつの幻影を追い続けるんだと思う

俺は

セブンで買ったブラックニッカを呑ませて抱いたこともないし

アボカドを投げつけたことも投げつけられたこともない

 

終電逃させて抱いたことは何度もあっても

ドロドロとしないような配慮を心がけている

なんてこともない

 

いくらその日限りの付き合いだろうが

別にそれでいいんじゃねーの

なんて簡単に切り分けることができるのも俺次第じゃなくて相手次第

 

 


日に日に俺の中で何かが積もり積もって

今日も渋谷で人混みに紛れながら心を溶かされていた

君がいなくなったあの日から

偶然なのか故意なのか

僕と買いに行った服を来てたあの日

 

偶然でもなく故意でもなく

僕が君の脳裏に1mmも存在しないその選択

 

僕は君の匂いが駄目になった

僕のだったはずなのに

僕のになるはずだったのに

僕がじゃないお前が君の匂いに混じっている

 

バイト中もバイト終わりも何もかも

君の匂いがやがて臭いになった

 

 

 

僕は煙草を辞めた

煙草を辞めたことを辞めて2日間吸ってみた

感想は一緒だ

"僕は支配されない"

依存ってこういうことなんだろうな

 

僕は酒を飲む回数が極端に減った

久々に今日飲んでみた

美味しくない

けどそこでしか味わえない楽しい時間は確かに存在した

 

 

 

君と同じ空間で飲んだのは3ヶ月半ぶりだった

君とは同じ空間に何度もいるはずなのに、あの日以来君の顔は一度も見てない

君の顔がどんなふうに変化してるかは知らない

君の服装がどう変わってるのかも知らない

ただ一つ言えるのは君に匂いが臭いになって

君の存在の中にお前が居ること

 

あの日君を泣かせる前によったSOGOのロフト

そのビルの屋上で飲むなんて思ってもなかったし

結局席を端っこ同士にしたのもお互い意図的だろう

 

 

 

 

 

今まで僕の中に居続けた君が自分から離れていき

僕の手は届かず

そしてこの間までもがき苦しんだ

 

ただ確信したことは

俺がもう君に対して何の感情もないこと

それだけは確かに俺の中に存在して

俺が僕で無くなっていくのは怖いけどそれが正解だと思う

 

 

 

本当に今までありがとう

人生でここまでの恋愛をすることは今後もないだろう

さようなら

 

お幸せに