存在証明

とは名ばかりの趣味のさくぶん。

さてはて、第一章の終了といったところかな

土曜と日曜、両日共に何かが変わった

「新しいステージに移らなければならない」

そうケツを蹴られている感覚に陥った

 

日曜の話からしよう

友人のJ君が愛車のCB400SFを降りることとなった

と言うよりバイクそのものを降りることにしたそうだ

経緯は俺の口から語る話ではないからここでは省く

ただひとつ言えることがある

俺が彼の立場でも間違いなくバイクを降りる

彼の立場に立つ人は少なく無いし、

同時に彼ほどではなくても近い存在が同じ状況に陥る事は多々ある

俺も他人事ではないのだ

 

J君とは小2からの付き合いだ

野球部に所属していた俺だが、彼が俺の所属チームに入団した

基本的に試合前以外は彼とキャッチボールする機会も多く、

平日も数週間に1回は遊んでいた記憶がある

俺がキャッチャーをやってた機会はそうそうないけども、

今でも彼がピッチャーならば俺がキャッチャーをやるべきだった

そう思い続けている

 

時を経て中学校

間違いなく野球部に入団すればレギュラーな俺達

何故か2人とも野球部以外の部活に入った

この経緯も省こう長くなる

 

同じクラスになったこともあった

当時お互いバイクにはまったり、音楽にはまったり(アイドル)

話が合う相手だった

 

高校に入って直ぐ、彼は地学部に入った

俺は軽音部に入った

ノエル・ギャラガーになりたかった

彼は地学部なのになぜかギターをはじめた

スタジオに入った

彼はなぜかローコードを鳴らし

時を同じくしてベースを始めた俺の幼馴染のK君と俺は目が点になった

「こいつ…スピッツでもやるのか?」

案の定チェリーばっかり弾いてた

 

そこから右往左往し、なんだかんだでギターは続けていた

高校生の頃にバンドを組む機会もあり、彼とツインギターをしたことも

卒業してからも同じく、だ

恐らくだが、彼のスウィープは「俺と正反対のことをしよう」

そういう意図なんだろう

 

そして彼はバイクに乗り始めた

今度は俺が後を追うように、バイクに乗り始めた

初めて俺が後を追う形になった

今までは彼が(俺の影響かどうかは別として)微妙に後から初めていたが

今回は逆の形になった

 

いろいろあった

日曜に至る

 

正直とても寂しい思いだ

彼はこれから車にのることになるだろう

 

俺は今すぐかどうかは別として、バイクを降りることになると思う

ただ、車を趣味にするには俺はまだガキ過ぎる

そこまでの熱意もない

 

彼は地元の仲間で、唯一と言ってもいいほど趣味が合う男だった

K君とはいわゆる腐れ縁、多分今後もこの距離感だろう

J君はまた違う意味で腐れ縁

恐らくお互いに何かを共有できてないといけないタイプだ

これは小言だが、賭け事・ギャンブルにハマりきっている地元民の中で

J君だけは唯一趣味の話が共有できたので本当に楽しいやつだった

 

また、ギターを弾いて、歌って、待ってるよ

 

 

 

 

 

さて土曜の話をしようか

今回はめちゃくちゃ長編だ

 

フラレてから、8ヶ月がたった

この8ヶ月の間で、環境はめちゃくちゃ変化した

インターンが始まり、インターンが終わり、またインターンが始まり

出会い系を始めたり、就活イベントで女食ってみたり、

それでも、俺の中では忘れられない4月2日

 

本当に1回たりともあいつにフラれた事実は忘れたことがない

そしてあいつのことが好きだった自分も

あいつのことも

絶対に忘れないように行きていこう、そう誓ったんだ

あいつは別の男と付き合って

そして別れて

またしょーもない男と合コンして

 

それで良いと思うんだ

どうせ嫌いになんてなれないし

どうせ他の女を好きになることも暫くは無理だ

 

なんて諦めて生きてきて、土曜日の話

11月の前半、アイツと久々に話をして

それ以来、顔を合わせれば挨拶して社交辞令程度の雑談はするようになった

 

「最近どう?」

「実習で忙しいかな」

 

「最近何聴いてるの?」

「マルーン5 おすすめしてくれてありがとう」

 

流れで、ついに土曜日にこんな話を聴いた

 

「男はできそう?」

「出会いがない」

 

うかい、お前の目の前に立ってる男はどうなんだよ

昔お前の事が大好きで大好きでたまらなくて

たくさん車や電車で色々なところに行って

たくさんお酒飲みながらいろいろな話をして

たくさん音楽を教え合って

隠れて仕事中にハグしたり、

隠れてバイト仲間の前でバレないようにキスしたり、

逆に路上で1時間近くキスしてたり、

なんかやんやあって死ぬほど思いを伝えられて、

そしてお前がふった男はどうなんだよ

その男、今でもお前の事大好きなんだぞ

 

俺は一言だけ、大好きだったアイツに言いたい

 

お前にフラれた帰りの電車で、

俺は絶対にお前を諦めないって伝えたよな

いつか俺と付き合いたいって思うと思うって言ってたお前の言葉信じて

俺はお前を諦めないって言ったよな

 

メンヘラだしめちゃくちゃキモいのは分かってるけど

俺はお前を待ってるよ

 

再来月、あいつの誕生日だ

去年はあいつが好きだった男と会って

やることやって、プレゼントも貰わずに帰ってきたけど

 

今年は俺が隣に居れるように、

最後にチャンスをください

 

アイツの薬指と俺の薬指に、おそろいのTiffanyのリングが欲しい

エモいってさ

なんなんだろうな

別に誰のことを考えているとかじゃなくて

ただお前の事が気になるとか

ただ俺の今後が気になるとか

クリスマスが近いだとか

そんなことじゃなくて、ただなんなんだろう

 

そもそもさ、エモいってなんなのよ

追体験なわけさ

クソダサく全てをさらけ出してるのがエモいってわけさ

 

エモいのがカッコいいってのは必ずしも直接つながって無くて

ダサい要素がカッコいいんだよね

 

そんなこんなで、俺は1社目のインターン先から送り出された

俺はこの会社で新卒として頑張りたい気持ちもありながら

外で自分を鍛える決意をした

なんとしてもこの会社に内定貰えるように残り半年くらい頑張ろうと思う

 

 

 

なんてことはどーでもいいんだ

クリスマスが近いだとかも

なんだかんだで気になるわけだ

ダイエット宣言

10月から約2ヶ月の半ニート生活を経て、

無事体重は増加

不摂生な食事や不規則な睡眠により何もかもボロボロ

 

そして体重は全盛期の頃から+8~9kg程度
このままだとデブまっしぐら

 

デブは本当に避けたい

先ず第一印象が良くないよねデブは

 

ということでダイエット始めます

 

本当はジムにも通いたいんだけど、金銭的な面で通うとしても1月からかなぁ

今のところは食事制限と飲み物選定の制限、後は腹筋ローラーくらい

 

目指せ52kg(全盛期+4kg)

ボトムス

「オシャレな人はパンツを沢山持っている」

 

そう、何を隠そう

俺は黒スキニーとグレーのデニムとインディゴのデニムしか持っていなかった

 

地元の友人、大学の友人は服装に対して疎く

高校の友人は系統が違うためあまり服装について話さないが

丁度昨年の今頃辺りから意識が変わりシルエットが太くなりつつあった

ボトムスもワイドパンツなんてものを履き出した

 

思ったより好評である

俺 = スキニーのイメージがワイドパンツにより変わり

ワイドパンツによるゆる感が俺自身のイメージにとてもマッチしているようだ

最近は寝間着なのか一見では分からない格好で出歩いている

 

 

 

だがしかし、そんなことはどーでもいい

"俺は成田凌になりたいだけなんだ"

Why?に立ち返ってみた

本日よりコピーライター養成講座がスタートした。

コピーライターを本格的に目指す目指さないは別として、言語化の大切さをとても強く実感した経験を活かして"言葉"に死ぬほどこだわる約半年にしたい。

 

さて、改めて就職活動真っ最中の私は迷走し続けている。

「そもそも何がしたいんだっけ」に立ち返ることが多すぎる。

自身の浅はかさに頭を悩まされる日々だ。

事の発端は前職の先輩からの一言である。

 

「で、君はなんでプランナーになりたいの?」

「それがなんでうちの会社なの?」

 

私自身、この質問に対して一言で返すことができなかった。

 

「企画することが大好きで、新しい体験を生み出したいし既存の概念を変えたりすることもやってみたいしとにかくぐるぐると変わり続ける日々が〜」

「やっぱり業界では老舗の制作会社だし大きな仕事も来たりしてて新卒でもチャンスいっぱいもらえるから成長してキャリア積んで〜」

 

私の答えは凄く遠回しなのだ。

本質が何か全然伝わらない。と言うか自分でも本質を見抜けてない。

改めて2つの質問にまとめて答えてみよう。

 

"デジタル""デザイン"を掛け合わせてより楽しい選択肢を増やしたい。」

 

結局私の本質はこういうことなのだろう。

うん、とてもしっくりくる。

選択肢を増やしたいっていうのがとても良い。

別に私はインフラを生み出したいわけじゃないんだ。

 

幸か不幸か、私は男としてこの世に生を受けた。

現代社会では女性の社会進出なんてものが騒がれているが、まだまだ男性が定年まで(多分我々の時代には70歳位まで)働き続ける事が一般的である。

私は今後、50年近く働き続ける必要があるのだ。

だったら楽しい仕事がいい。好きな仕事がいい。お金になる仕事が良い。

その為のファーストキャリアと言うのはとても大切だ。

容易に決められない。

容易に決めちゃ駄目だ。

 

こんなことを書いてると、しばしば"意識が高い"と煽られる。

果たして"意識が高い"事は煽られることなのだろうか?

世間で活躍している人たちを是非見て欲しい。

彼らは学歴に甘えること無く、所謂"意識が高い"行動を学生のうちから起こしている。

学歴があっても、何もしていない人は結局何にもなれていない。

 

そういうことなんだろうな。

逆にこんだけ行動してて駄目だったら、諦めがつく。

と言い聞かせて、就活が終わるであろう6~7月まで駆け抜けたい。

蓮の花の匂いがするお前がボヤケてて見えた

見慣れたグレーのロングコートも

見慣れた黒いレザーのハンドバッグも

見慣れた黒いヒールの靴も

何もかもがいつもとは違った

 

違ったはずなのに、お前に重なる数々の景色

 

木更津アウトレットで改めて思い出したし

湘南平の夜景の輝きなんて目に入らなかった

赤レンガでのキスはなんだったんだろう

 

突然止まってた時間が動き出した

ボヤケてたお前がいつも通りのお前だった

俺を惹きつけたお前は確かにその君だったし

俺が大好きでたまらなかった君は確かに君だ

 

一つだけ頼みがある、聞いてくれ

俺に触らないでくれ

俺のことを前までのように見ないでくれ

俺は今でもお前が一番好き

俺はそれを受け入れて、今を生きている

 

君に想いをもう一度伝いたい衝動も

君を抱きしめたい衝動も

君の唇を奪いたい衝動も

 

こんな俺じゃどうにもできない

頼むから君が俺を導いて欲しい

 

―特別な人は居ないよなんて、信じたいけど…

俺流三大公約

1.煙草は吸いません

2.お酒は乾杯の1杯しか呑みません

3.ちゃんとした恋愛をします

 

よっしゃ頑張ろう