存在証明

とは名ばかりの趣味のさくぶん。

あとの祭り 最終回

電車の外側に広がる人を拒むようなビル群 電車の内側で笑うひとときの休日の象徴 いつもの通勤より少しだけ遅く感じる東横線から、俺はこの文章を綴る 思い返すと、あとまつと出会ったのは14年の8月 俺は名ばかりの浪人生だった その場は時の流れがいつもの1…

音楽は次々死んでいく

俺にとって耳に響く音楽は届かない 俺にとって脳に響く音楽は頭が弱くなさすぎる 俺にとって心に響く音楽は刺激が強すぎる 物理的に耳が聴こえないので骨に響きそうなEDMをひたすら聴いたら幸せになったというお話でした あまりにもやることがなくて更新また…

聴覚と第六感

昨日の深夜から急性中耳炎になった 左耳がほぼ聞こえない 聴覚よりも大切なものに気付いた 酒は完全に禁じられた 少なくとも1ヶ月間 煙草は身体に合ってないらしい 喉が1ヶ月に1回は痛くなって緑色の痰が出るわけだ イヤフォンやヘッドフォンを控えろと言わ…

色々あったけど約3ヶ月が経った

― …俺は前に進んでいるのだろうか 先月半ばからインターンが始まった。 平日は毎日多忙な日々を過ごしている。 金土は無事に自分を守るお仕事。パスタ美味しい。 日曜日割と暇すぎる。ツーリングとかスタジオ行こう。 とそんな生活も早2週間。いつのまにか誕…

Mのページ

その子の名前の頭文字はMだった。 その子はとても音楽が好きだった。 俺は何も考えずにプリプリのMを熱唱して、 今日も涙を流しながら明日に備える。 いつになったら傷は癒えるのだろうか。 特効薬なんて無いんだろ知ってるよ。

"好き"の反対は"無関心"

決して"嫌い"ではなく、"嫌い"に置かれている段階ではまだ"好き"と言う感情が紙一重で存在しているものなんだと22歳直前にしてようやく気付く。 現状は間違いなく"好き"という感情を誤魔化す為に"嫌い"になろうとしている段階。 まだまだ"好き"と言う感情を…

終わり

今日で全部区切りがついた そいつに縛られて、縛られて、縛り尽くさされて宙ぶらりんになっていたけど これからは俺のやりたいように行動する 餓鬼らしい考えだけど、仕方ない 先ずは顔も見ない喋らない同じ空間に居ない 挨拶しかしてない 相手が求めてるの…

首輪を外してくれ

時だけが淡々と過ぎて行くけれども、僕はまだあの場所で後ろを向いている 何も変わりやしない現実に嫌気を差しながら、 何も変わりやしない現実と向き合わなければならない その準備が全くできず、今日も自己防衛に走る あの日から約1ヶ月が経った けれども…

Tinderは最高のツールだ

1人とは飲みに行く 1人とは趣味のお話にカフェへ行く 1人とは映画を見に行く(これだけまだ未確定) という事なんだよなァ…

フラレて1週間が経った

冷静に考えていつも友達や先輩などあまり遠く離れていないところでの恋愛しかしてこなかった俺は、どうやって次に進めば良いのか悩んで今日もまた泣いてる 久々に1日中何も予定がない日を過ごしているわけだが、煙草の本数が増えたのとアコギで弾き語りをし…

フラれた話

俺はあんまり人を好きにならない。ビジュアルで可愛い〜付き合いて〜みたいのはちょくちょくあるし、その時は割と熱されるんだけど大体そう言うのはすぐ引く。本気で好きになったのは今まで一人で、高2の秋に1個上の先輩に対して。もう過去の話だが、これは…

ボーカリストへの道

よくよく考えると俺の憧れるギタリストだったりは大体ギターを弾きながら歌うスタイルの人が大半である。 という事なんてだいぶ前に気付いて居たのだが、ボーカルと言うものに対して逃げていた。声出ないし。 ついに先週くらいにふとワタリドリが歌ってみた…

プチ事故から数日

先日国一沿いから環二に合流する直前の場所で、自損事故を起こした。 事故に限らず、バイクを自損させたのは通算3度目。 1度目はショッピングモールの駐輪場で押しゴケ。 2度目はバイト先の駐車場で立ちゴケ。 そして3度目となる今回はまともに事故と呼…

ガイドラインに沿った生き方をしよう

21歳、男。美術大学でデザインを専攻している。 趣味は音楽と珈琲とモータースポーツ鑑賞。 色々と自分を形容する言葉を思い浮かべたりするけど、一番合うのは「真面目系クズ」だよね間違いなく。多分俺の知り合いの全員が納得してくれる。 最近の俺流トレ…