存在証明

とは名ばかりの趣味のさくぶん。

聴覚と第六感

昨日の深夜から急性中耳炎になった 左耳がほぼ聞こえない

聴覚よりも大切なものに気付いた

 

酒は完全に禁じられた 少なくとも1ヶ月間

煙草は身体に合ってないらしい 喉が1ヶ月に1回は痛くなって緑色の痰が出るわけだ

イヤフォンやヘッドフォンを控えろと言われた 俺の世界がそこから消えた

ロック系のバンド活動も暫く控えろと言われた 俺の像がそこから消えた

歌は歌えないこともないだろうけど耳によくないし響くと言われた こうして俺は存在の証明手段を失った

 

 

バイトは憂鬱 もうアイツのどこが好きだったのか分からなくなった

インターンは自分の無力さを思い知るばかり 良く泣いて帰ってくる

もう一つインターンを始めた 企画職だ これまた大変で辛い

短期インターンが8月後半にある

他にも2つ、8月半ばと9月半ばの短期インターンを受けている

そして来週、ついに初展覧会出展だがそれの課題が本日24時まで

 

 

 

こうして少しずつ俺という存在がとある地点からずれ始め、その齟齬が段々と大きくなっている感覚がアイツからフラれた時から生まれ始めている

よく「お前ブレブレだな」とかそういう単語を身内の奴らで使い合うが、今の俺は"ブレている"とかそういう段階じゃなく完全に"ズレている"

このまんま全て放り投げて、セブ島にでも行こうかとか考えたのがさっき

 

ここで泣きながら踏ん張った所で待ってるのが明るい未来ってわけでもないしね

 

アイツの事は完全に諦められたけど、アイツのせいで俺の中で俺という存在の価値を失い始めている そして世界と環境と気まぐれが俺にそうさせている

 

 

 

 

 

 

少し現実的な話に戻そう

 

ついにバイトは10月半ばから辞めることになった(籍は暫く残るっぽい)

10月半ばから変わって土曜日にセミナーへ通う運びになった

 

インターンは9月半ばの契約を持って辞める決意をした

8月後半に行われる長期インターンで何か成果を残し、新卒採用を受けて内定者インターンとして部署が移動となれば話は別だが現状このまんま今の環境に居るということは俺のモチベーション的にも俺のコミット量的にもチームにも良くないと感じた

 

音楽は中耳炎が治ったら真剣にやりたい オリジナルを

この間Cityをギタボしてた際、歌いながらギターを弾く俺という構図があまりにもエモく、同時にオタク風にいうと"根源に至る"感覚を得た

バイクでxxxkm/h出したときと同じ感覚であった これを合法的にできるのは素晴らしい

今の自分の時間的にも、技術的にも、環境的にも本腰入れてやる形ではなく所謂週末バンド的な感じでどうにか方法を模索していく

リードギターとベースとドラム募集中です みんなで曲出し合ってやりませんか

 

お酒は完全に辞めます 元々お酒自体は全く好きではなく、本当に自分が逃げたい時以外は積極的に飲んではいなかった ただ飲み会は大好きなので、そういう場には誘われればいく コーラで

 

煙草も完全に辞めます 流石に蓄膿症になりたくない

 

 

 

そんな感じかな

彼女はできそうにないし、アイツは彼氏と2泊3日の旅行だし、俺はもう何も考えずに就職活動を始める

重ねて、引き続き彼女募集中です

嘘です。好きにならせてくれる女の子募集中です