存在証明

とは名ばかりの趣味のさくぶん。

音楽は次々死んでいく

俺にとって耳に響く音楽は届かない

俺にとって脳に響く音楽は頭が弱くなさすぎる

俺にとって心に響く音楽は刺激が強すぎる

 

物理的に耳が聴こえないので骨に響きそうなEDMをひたすら聴いたら幸せになったというお話でした

あまりにもやることがなくて更新またしちゃったレベル

明日からこの状態のままインターンにいくのつらすぎる